幻想的な日々。はまだ我の手にない。

演劇とテレビと音楽。お笑いと小説と映画。そして幻想的な日々はまだ我の手にない。 でもあなたのことを想ったり。あなたの幸せを願ったり。詩を書くのも好き。ほんとはもっと明るく楽しい人生を送りたいだけなのに。。。難しいです。男の子でも女の子でもそんな年頃なのかもしれません。

3月の終わりに眠れない夜があったとして

3月の終わりに

眠れない夜があったとして

 

例えば

100年後の世界を想像しても

そこに僕はいない

きっと

 

でもね

それでも宇宙物理学者は

100万光年先の見えない銀河を

無と有の境界線を

 

既読にならないLINEをみては

儚くも咲く夜の桜を

君の黒髪を

 

淡い光の幼い記憶に

 

思い浮かべる

 

僕も君も私も貴方も

我々はきっとそういう性分を背負って生きてきた

 

3月の終わりに

眠れない夜があったとして

 

100年後に

君は思い出してくれるのだろうか