幻想的な日々。はまだ我の手にない。

演劇とテレビと音楽。お笑いと小説と映画。そして幻想的な日々はまだ我の手にない。 でもあなたのことを想ったり。あなたの幸せを願ったり。詩を書くのも好き。ほんとはもっと明るく楽しい人生を送りたいだけなのに。。。難しいです。男の子でも女の子でもそんな年頃なのかもしれません。

容疑者Xの献身

 

 

この2022年の7月から9月。NHK Eテレの水曜23時に

パンサーの尾形がMCをしている『笑わない数学』って番組、知ってますか?

 

これがね。近年の教養番組の中でも、群を抜いて面白くて…。

大学で数学を専攻していたけれど、第2回の『無限』の話は、知らなかった。。。

てっきり、普通に「アキレスと亀」の話とかするのかなと思ってたけど、

全然。

無限の個数の話をしていて、えげつなくて。。。

 

それ以来、この番組の虜でしてw

 

で、何回目かにP=NP問題を取り上げてました。

 

そういえば、『容疑者Xの献身』の原作にも P=NP問題の話が合ったような気がして。

 

それと、KOH+の『最愛』が聴きたくて。

 

フジテレビで放送していた『容疑者Xの献身』を観てみました。

 

 

実は劇場公開当初、映画館で観に行ってたんですよね。

この作品。

 

でも、原作の感想はこのBlogにも書いていたけど、 (当時の感想はコチラ

映画の感想は記事にしていなかった。

 

多分、当時も心に刺さりすぎて、感想、うかつに書けないなぁ~と思った記憶があります。

 

改めて、もう一度、観てみても、

確か、原作を読んだ時には気づかなかったことを

映画でもう一度、落とし込んでくれていて、

映画で初めて気づいたことも多かったな、と思ったことを思い出しました。

 

でも、やっぱりこれは愛なのかなぁ~。

愛というか、やっぱり、深い感謝ですよね。

深い感謝からくる祈り。

 

堤真一さん演じる石神の 純粋な祈りが心に響きます。

尊い人を守るために、自らにも犠牲を払う。

 

その献身的な想いに また泣きそうになりました。(最近、感情がおかしいんです。私><)

 

ちなみに、物語に出てきた数学の『四色問題』。

これも『笑わない数学』で扱っていて、

「証明が美しくない」といった理由も『笑わない数学』をみたら、わかるんですよ(^^)。

 

やっぱり、改めて、『容疑者Xの献身』は名作でした。

 

も一回、原作も読み返してみようかな。。。

 

 

「君はいつまでも若々しくて羨ましいな」

君がいればそれでいい の言い訳

いつか世界がなくなって の議論
君がいればそれでいい の言い訳

よくあるメロディーのよくあるリリック
頑張って人生を謳歌する

意味あるのかなぁ
意味なんてないよなぁ

意味のないことに疲れるなんて
必要ないよなぁ
それこそ意味ないよなぁ

君がいればそれでいい の言い訳
もう要らないよなぁ

もう要らないよなぁ

疲れているから眠ります
朝は起きたくないけど 夜は寝たくない

君がいればなぁ

意味はないよなぁ

もう要らないよなぁ

『競争の番人』(2022 フジテレビ)

 

 

今日、最終回が放送された2022年07-09月期の月9作品なんですけどねぇ~。

 

競争の番人

 

公正取引委員会が舞台のストーリーですけどねぇ(公正取引員会を舞台にした作品を初めて観ました(^▽^))。

 

主演は坂口健太郎くんと杏さんのW主演(なのかな?w)

 

まぁ、普通に面白かったですけどね。

 

 

最終回がまた、前クールの『元彼の遺言状』みたいに、

おまけみたいな回でした。 あれぇ?

 

ストーリー前半から続く、巨悪との対決は最終回1話前に終わっちゃったよ。

 

で、最終回は、予算ついてないみたいな安っぽいつくり。

 

あれぇ?

 

放送回数間違って、予算使い果たしちゃったの?w

 

今年の月9は、冬の『ミステリと言う勿れ』も変な終わり方したし、

前作の『元彼の遺言状』も おまけ最終回的作りだったし、

何の狙いなんですかね?

 

よくわからないや。

 

前クールは目新しさで、まぁ”あり”かなとも思ったけど、

こう2作続けられるとね。

なんか手抜き感が半端ないです。

 

第10話まで面白かっただけに残念。

 

まぁ、全体としては、好きな部類な作品だったので、

完全否定はしませんけどね。

 

 

坂口健太郎くんのしっかり者の役は、実は初めて観たかも。

 

まぁ、ありですよ。

 

結局、今年は月9、全作品観てるんだなぁ~。

次クールも楽しみにするとします。

 

かしこ。

そうして私たちはプールに金魚を、

 

 

 

30分の作品だったんで、気軽に観ようとしたんだけど、甘かったです><

 

大人になったらわからない感性でした。

 

もしくは、大人になったらわからないと思うことによるノスタルジー

 

 

結局、何も変わらない。

結局、私たちがやったことに意味なんて一つもない。

結局。

 

 

瑞々しいと思うことに僕たちはあこがれる。

 

いつの間にか、自分の感性を100%他人に伝えることは出来なんだな。と

思いながらこの映画を観てました。

 

結局、生きていることに意味なんて一つもないのかもしれないけれど、

生きていること自体が意味なのかもしれないとも思うのでした。

 

よくわからなかったけど、いい作品だったんだろうなぁ。

 

観れてよかったです。

 

かしこ。

『何かおかしい』(2022 テレビ東京)

 

 

なんか、よくわからないドラマでした。

 

誰がこんなん観てるんだろう。と思ったけど、

まぁ、30分の全6話だったので、一応、観てみるか。ぐらいの気持ちで観てました。

 

基本、ホラーですね。

気持ち悪いまま、回が終わるし、

需要ないでしょ。とか思ってたけど、

さっきネットで調べたら、シーズン2がParaviで先行配信してるとのこと。

 

まじかw

 

しかも出演者が、結構、多くになってるじゃん。

 

意味が分からないなぁ~w。

 

 

とりあえず、感想っぽい感想もないので、

このレビューは備忘録。

 

一応、観ましたよー。っていう記録だけのレビューです。

 

エンディングの踊り、気持ち悪いw

 

かしこ。

『アイドル』(2022 NHK)

 

 

NHKの特集ドラマ『アイドル』。

初回は8/11に放送されていたとのことですが、

本日放送されていたBSプレミアムが特別編集版だったので、こちらを視聴。

 

毎年、8月の終戦記念日あたりにあわせて、放送される

NHKの戦争関係のドラマですが、

今作は、”戦時下のエンターテインメント”をテーマに

実際に昭和初期から終戦間際の戦時下の日本・新宿で1日も休まず営業を続けた劇場「ムーラン・ルージュ」と

その劇場のアイドル、明日待子を主人公に描かれていました。

 

1時間半。

秀逸ですね。

 

たまに、このドラマは何のために作られてるの?と思う作品も多いこの頃ですが、

それとは違って、NHKが作る作品は、やっぱり、なにがしかの意味を含んでいるような気がします。

 

史実なんですね。

作り物だけど、作り物ではないような

空気感と

何かを届けたいという意志が、

作品の中に込められているような気がして。

 

主演は、朝ドラの『エール』で主人公達の娘を演じた古川琴音さん。

劇場のスターに、山崎育三郎くんも出演していて

華やかなショーの一面と、

戦争の重い空気。

 

確かに、『エール』を少し思い出しました。

※時代背景的に、『カムカムエブリバディ』の安子編も思い出したけど。

 

NHKの作る作品は、やっぱり意味があって、

何か視聴者に訴えかけるものがあって。

だから、こちらも観る意味があるのだと思う。

 

こういう作品をこれからもたくさん観ていきたいですね。

 

いい作品でした。

 

かしこ。

『レンアイ漫画家』(2021 フジテレビ)

 

 

ちょっと最近、Blogを書けてなかったです。。。

あまり、文化的なことが出来ていないのかもTT。

 

久しぶりに記事を書くのは、夏休みに唯一、観終わったドラマ作品。

 

レンアイ漫画家

 

昨年(2021年)の4月-6月期の作品なので、観終わるまでに

ちょっと時間がかかってしましました。。。。

 

まぁ、おもしろかったです(^▽^)/

 

吉岡里帆の話し方や佇まいが、やっぱり、1男性としては魅力的に映ります。

コメディエンヌとしては素晴らしいと思うんだけどなぁ~。個人的に。

 

彼女を観るために最後まで観た作品と言っても過言ではないです。

 

もちろん、主演の鈴木亮平くんもどんな役も演じれて、素晴らしいですが。

※去年のこの作品の後には、TBSの日曜劇場『TOKYO MER』で主演されてて、その時の役柄とも今作は”全然”違うしw

 

オープニングのBiSHの楽曲「ZENSHiN ZENREi」も

エンディングの佐藤千亜妃さんの楽曲「カタワレ」もよかったです♪☆

 

吉岡里帆演じる久遠あいこさんが、貧乏設定のはずなのに、ものすごく衣装持ってるんだよなぁ~w

吉岡里帆のファッションショーかなぁ~とか思いながら観てましたw

それはそれで”あり”なんですよ。批判じゃないです。好感です!!(^▽^)/

 

個人的には、ほっこりしてていいドラマでした。観れてよかったです。

 

 

「人生の相方って見つけるものじゃなくて、一緒にいるうちになってるものなのかも」

 

「意味は私達が作りませんか?」