幻想的な日々。はまだ我の手にない。

演劇とテレビと音楽。お笑いと小説と映画。そして幻想的な日々はまだ我の手にない。 でもあなたのことを想ったり。あなたの幸せを願ったり。詩を書くのも好き。ほんとはもっと明るく楽しい人生を送りたいだけなのに。。。難しいです。男の子でも女の子でもそんな年頃なのかもしれません。

月はどっちに出ている

 

 

昨年、亡くなられた崔洋一監督の1993年の公開の映画作品。

 

タイトルはものすごく有名で、

岸谷五朗さん × ルビー・モレノさん出演の映画だとは知っていたのですが、

これまで一度も観たことがなかったので、

WOWOWで放送されていたこのタイミングで、

初めて観てみました。

 

月はどっちに出ている

 

へぇ~、こんな作品だったんだね。という感じ。

めっちゃ、イメージは、タクシーで走るロードムービーなのかと思っていたけど、そうじゃなかった(笑)

 

バックボーンと時代背景が違うため、

なかなか理解が難しかった。ってのが本音かな。

 

でも、道に迷った新人ドライバー(当時は、カーナビなんてものがなかったので(^^);)に電話で道を教える際のセリフ「月はどっちに出ている?」を

タイトルに持ってきたのは秀逸。

 

月の方角だけで、正しく目的地に着くことなんて出来ないし、

人生には、道なんてないので、

群像劇として迷う人々の状況を喩えているのかと思う。

 

その他としては、出演者の若い頃の遠藤憲一さんとか、國村隼さんが観れてよかったです。

岸谷五朗さんや、金田明夫さん、小木茂光さんは雰囲気そのままでしたけど。

※めちゃめちゃ若い萩原聖人くんも出演してたw。

古尾谷雅人さんがご存命で、お姿を観れたのもよかったです。

 

まぁ、トータル、観れてよかったですね。

 

この作品から、『GO』、『パッチギ』につながるかと思うと、

記念碑的作品だとも思います。

まぁ、『パッチギ』は観たことないんですけどね(笑)。

次は『パッチギ』かなぁー(^^)/。

 

かしこ。

彼女は夢で踊る

 

 

広島の老舗ストリップ劇場の閉館にまつわる物語。

消えゆく昭和のストリップ文化への哀愁もあって、美しかったです。

 

チラシにラブストーリーって書いてあるので、ラブストーリーだよね。

 

主演は、加藤雅也さん。

+ 犬飼貴丈さん、ヒロイン役で岡村いずみさん。

 

「化粧して。アイラインひいて。口紅塗って。

そうすると私は別の人物になっていく。

ステージの間だけ、彼女の人生を生きる。

自分とは少し違う、恋多き艶やかな女の人生。」

 

いろいろな意味でノスタルジックな作品。

 

映画としては、映画の本分を貫いていると思われ、

個人的には評価高いです(^^)/。

 

観れてよかったです。

 

かしこ。

花戦さ

 

 

これは、ちょっと個人的には”いまいち”だったかなぁ~。

ちょっと体力的に疲れていたからかもしれない。。。><

 

ステレオタイプな秀吉のご乱心と、千利休の描き方。

お茶(”茶”道)の千利休の無念を、

お花(”花”道)の池坊が晴らす、という内容だけど、

地味すぎて、少し退屈した。

 

せっかく、野村萬斎さんを主演に、佐藤浩市さん、中井貴一さん、佐々木蔵之介さんなど、豪華俳優を集めているのにもったいない。

 

市川猿之助さんがね。

ぶっちゃけ、個人的には、あんまり好みじゃないんです。。。

歌舞伎だけやってればいいのに、と思う派。

 

森川葵だけは、ちょっとよかったけどなぁ~。

 

疲れているときに2時間強の作品は観ちゃいけないね。

ってことが身に染みてわかりましたw。

 

今後はちゃんと体調整えてから、作品観ます!!

って、どんな感想だ?w 申し訳なし。

 

かしこ。

Fukushima 50

 

 

内容が読めなくて、少し観るのをためらいましたが

自分的には、観てよかったです。

 

でも、あまり多くは語れません。

 

大変な時期にそそくさと逃げた責任者の”木偶の坊”と

「我々には経験がある」と豪語した割に、現場の邪魔しかできなかった

能なしトップ:”ブルーマウンテン”に捧げたいです。

 

日本のオールキャストを集めたかのような

豪華な俳優陣に拍手!!

 

私は肯定派です。

 

かしこ。

成れの果て

 

 

「だったら、死んでください。」

 

これは、なかなかに酷いお話でした。(出来が、ではなく、内容が。)

救いようのない話。

主人公以外の登場人物全員が、醜い心で幸せを求めていて、

やるせない気持ちになりました。

 

なんか、昔、観たポツドール三浦大輔くんのお芝居に似ているな。

と思ったら、この作品も元は舞台作品らしく。(2009年初演)

この頃は、こんな作品が流行ってたのかな???

 

主演は萩原みのり。

 

萩原みのりの作品はもう少し追いかけてみてもいいかな。と思いました。

 

醜い作品。下には下がいる。やるせないです。

 

かしこ。

ツユクサ



 

WOWOWで放送していたので、視聴。

 

少しずつ事情を抱えた人たちの日常を描いた作品ですが、

観た後は、少し元気になれる良作でした。

まぁ、ポスターに書いていることが全てですねw。

前向きに生きようとする人達を観て、こちらも前向きになろうって作品です(^^)/。

 

主演は小林聡美さん。

その他出演者は、平岩紙さん、江口のり子さん、松重豊さん、泉谷しげるさん など

 

「痛みだけ取ってください。痛みが取れたら、また頑張れるんで。」

 

大人の映画ですね。よかったです。

 

かしこ。

白ゆき姫殺人事件

 

 

湊かなえさん原作なので、面白いんだろな。と思って観始めたんですが、

案の定、面白かったです(^^)/。

(期待を裏切らない。すごい。)

 

現代社会の闇がテーマですかね。

 

演出方法もお上手だなぁーと思ったら、

監督は、中村義洋さんですか。

 

なるほどなぁー。面白いわけだw

 

湊かなえさん原作なので、結構、嫌な気分のまま物語は進んでいくのですが(ちなみに、これは誉め言葉w)

井上真央貫地谷しほりさんの友情のくだりの部分だけは

心がほっこりさせられました。

 

「ありますよ、きっと。いいこと、ありますよ。」

 

いいことあるかなぁー。

他人を傷つけない真っ当な人には、きっと、

いいことがあればいいなと思いながら。

 

かしこ。